【産業廃棄物収集運搬業】

産業廃棄物は廃棄物処理法に基づいて保管、収集運搬、処理が適切に行わなければなりません。
またその処理責任は産業廃棄物の排出事業者が担うことになります。そのため基本的には事業者が法令に定められた処理施設を確保し、保管から収集運搬、処理までを自己の責任で適正に行う義務を負います。
ただしすべての事業者が処理までを行えるわけではないため、産業廃棄物処理業者に委託することで、適正な処理を行うことができます。
その場合も委託基準に従って事業者が選ばなければならず、責任は委託した事業者も負うことになります。

産業廃棄物処理業者は収集運搬業と処理業に分けられます。
どちらも都道府県または政令指定都市の許可と監督の下、保管基準や収集運搬基準、処理基準に基づいて行われます。

 

お問い合わせフォーム⤵